Inomata Koichiro’s diary

Inomatakoichiroという選手歴もない「ただの人」が「プロコーチ」になるまでに、大切にしてきた事を中心に綴ります。もちろん最新の情報や三菱養和情報も綴ります。

がんばれ相馬勇紀!

9月上旬。

調布出身選手。

相馬勇紀が凱旋。

 

スクール生の前で少し話しをしてくれました。

f:id:inomatakoichiro:20181114181653j:image

 

ぼくはとみんなと同じくらいの年からこのグラウンドでサッカーをして、

このグラウンドで成長しました。

『今は名古屋グランパス早稲田大学でプレーしています。

がんばればこのグラウンドからでもサッカー選手になれるので、

みんなもコーチの話しをしっかり聞いてがんばってください!』

 

勇紀が調布グラウンドに来たのは小学1年生から。

調布で9年(調布スクール1年生〜調布スクールチーム6年生〜調布ジュニアユース中1−中3)

巣鴨で3年(ユース高校3年間)

合計12年間の間、養和のグラウンドでプレーしてきました。

f:id:inomatakoichiro:20181114181723j:image

 

帰り際に

『いろんなところで、下手クソだ、スピードだけだ、と言われてきたけど、養和で自分の良さを認めてくれたり、そこを伸ばす事が大事だと言ってくれたことが本当に良かったと思ってるし、本当に感謝してます。』

と話してくれました。

 

様々なコーチがこの12年間で関わってきましたが、

こんな選手に関われたことは幸せな事ですね。

 

がんばれ勇紀!

f:id:inomatakoichiro:20181114181857j:image