Inomata Koichiro’s diary

Inomatakoichiroという選手歴もない「ただの人」が「プロコーチ」になるまでに、大切にしてきた事を中心に綴ります。もちろん最新の情報や三菱養和情報も綴ります。

「 時 間 」の共有

こんにちは。

暑さが緩んだと思いきや、
厳しい暑さに逆戻り。
まだまだ夏だと思い知らされます。

先日、ヴァンフォーレ甲府さんの
お膝元、押原公園に伺いました。

 

ここは私自身思い出の土地。
国体少年のスタッフだった時に、
ミニ国体で訪れた場所でした。

 

あれから何年経ったかわかりませんが、
私も歳をとった事は
間違いないなと思います。

 

感染者数が増えていく一方で、
活動が維持できるよう、
各ご家庭に様々な協力をいただき、
活動をすすめている現状であります。

夏休みに入り普段できない、
長距離移動を選手にしいていく第一弾。

 

それが今回の押原遠征でした。

f:id:inomatakoichiro:20220809071905j:image

グラウンドでは多くの
ヴァンフォーレ甲府
スタッフがいらっしゃり、
会場の準備をしてくれていました。

感謝しかありません。

本当にありがとうございました。

 

また対戦相手として、
ヴァンフォーレ甲府さん
栃木SCさん
川崎フロンターレさん
ありがとうございました。

 

早朝高尾駅集合で始まったこの遠征。
鈍行列車での移動は
約3時間位かかったと思います。
本当に長い道のりでした。

 

ただその長い道中で
すごく感じたのが選手同士の
コミニケーションです。

 

これがとても長くできたって言う事は、
本当に良い機会だったなぁと
思ってます。

 

私自身、選手と普段、
長く一緒にいられるわけでありません。

この時間で、
サッカーの話もしました。

ipadを使って様々なことを
話しました。
本当に考えているんだな〜と
感心。

また、サッカー以外の事を選手から
聞くことができて、
選手一人ひとりの解像度というか
たくさんのことを知ることができた
っていうことが本当に試合以上に
良かったことなんじゃないかなと
思っています。

選手に何かを伝える時には、
選手がどういう状態か
何を思考しているのか
何が好きなことなのか
ということを情報を持っている事が
大切だからです。

せっかく何かを伝えようとしても
相手が受け取ってくれなければ
意味がありません。

大切なことを
受け取ってもらうステップの一つ目が
相手の情報をしっかりと得ることです。
ですから相手の話をしっかり聞き、
理解する姿勢を相手に向けること、
これが大切な一つ目のステップになります。

 

そして、そのステップを踏むためには、
相手との十分な時間が必要です。
同じ時を過ごす。
このことが本当に重要なんです。

 

さらにこの「時間」は
研ぎ澄まされたような「時間」ではなく、
一見して「無駄」とも思えるような、
余白のある「 時 間 」だと思います。

そんな「 時 間 」にこそ、
ポロッと本音がでたり、
心配事を共有できたりするんですよね。

 

みんなでお茶でも一杯飲めるような時間。
そんな時間を大切にしていきたいと思います。


みんながフラットに生活しているような
「 時 間 」を皆さんは時間の共有できていますか?

 

私は家族との時間の共有をする期間に入ります笑
今後ともよろしくお願いいたします。

ご恩返しの旅 第一弾サッカー教室編

だいぶ昔のように思えますが、「ご恩返しの旅 第一弾サッカー教室編」ということで墨田区でサッカー教室を行いました。

 

その時に思いのままに綴った日記を公開できていないことに今日気づきましたので、以下原文の通りです。

 

お暇な方は読んでください!

 

ーーーーーーーーーー

正直にいって後ろめたさがありましたが、
今は後悔のない、清々しい気持ちです。

 

40手前で少しの冒険をしました。
昨日は、故郷である墨田区でサッカー教室を行いました。

※1月22日(土)です。


後ろめたいといったのはクラブに黙って開催したからです。
コロナ禍で、リスクを冒してまで、みたいな話をされるかどうかはわかりませんが、休みに何をやってもいいだろー!という正論っぽいことを盾に(※正論としてでも通らない気もするが)、温めてきた企画だったので実行しました。

 

全て無料でやる!
会場費も自分で出す!
 ※結果的には少年部の方に支払ってもらっちゃいましたが…
クラブのジャージも着れないから用意する!


それほどに準備していても、何か心に引っかかりがありました。
しかし、終了後にその後ろめたさがなくなったのは、間違いなく「子どもたちの笑顔」があったからです。

「やれてよかった〜」と本当に思えました。
そして、

クラブの看板を外しても子どもは喜んでくれた。

自分のやってきたことに間違いはなかった。
それが個人的には一つ嬉しかったことでもあります。

 

そして何より、生まれ育った町に少しご恩返しが出来た。
そう思えたからです。
自己満足ですが。

サッカー教室終了後、ご協力していただいた方々とお話しの中で、
「やっぱりあのくらいのテンションじゃないと子どもはダメなんだよな〜」
とテンションをほめていただきましたが、指導する側の方へも何か参考になることがあったなら本当に良かったです。


こんなことでよければいくらでもやりたい!
そう思った1日でした。

 

今回のような形であれば、どこでもサッカー教室やりたいと思います!

 

「わくわくサッカー教室 inSUMIDA」実績

■期日
2022年1月22日(土)

■会場
フクシエンタープライズ墨田フィールド
■構成
第一部 9:30-10:30
親子サッカー(年少〜年長)

第二部 11:30-12:30
1年生・2年生の部

■申込
親子サッカー
1年生
2年生
合計
※忘れてしまいました。

■参加費
無料

■申込方法
墨田区サッカー協会少年連盟へ申込

 

また皆さんと会える日を楽しみにしています。



誕生日に想うこと

こんばんは。

今日は何の日か知っていますか?

そうです!私の誕生日です。

あっという間に39歳になってしまいました。

ラスト30代です。

 

ついこの間、高校生だったような気がするんですが、本当に月日が経つのは早いものです。

 

多方面からお祝いのコメントいただき感謝いたします。

本当に嬉しいです。

 

そしてチームでもお祝いをしていただきました。

 

本当に、暖かい方々です。

保護者の皆様本当にありがとうございました。

毎年本当に嬉しいです。

 

子どもたちもいろいろやってくれて、幸せな時間でした。

毎年来る誕生日。

 

最近は誕生日に少し想うことがあります。

それは、生まれた時のこと。

 

自分のというよりも、今預かっている選手たちが生まれた時のことです。

詳しく言えばその日の親御さんの心境を想像するのです。

 

心配だっただろうな。

大変だったんじゃないか。

嬉しかっただろうな。

泣いたかな。

 

そんなことを想像すると、サッカーを教えるなんてことはどこかちっぽけに思えてきて、健康の大切さや、生まれてきた奇跡とか、サッカーができる有難さみたいなものを思い出すことができるのです。

 

もちろんそんな話を選手たちにもします。

「みんな誕生日は、お祝いしてもらうものだと思っていると思うけど、みんなを命懸けで産んでくれたり育ててくれた親御さんへ感謝する時でもあるんだよ」と。

 

みなさんにもかわいい時、ありましたよね?笑

少しだけ生まれた時のこと、想像してみてくださいね。

 

今日は本当にありがとうございました。

今年は39歳、「サンキュー!」の年です。

皆さんへの感謝の気持ちを忘れずにがんばっていきたいと思います!