Inomata Koichiro’s diary

Inomatakoichiroという選手歴もない「ただの人」が「プロコーチ」になるまでに、大切にしてきた事を中心に綴ります。もちろん最新の情報や三菱養和情報も綴ります。

ロゴに秘められた想い「Football Academy Tokyo」

2代目FATロゴ

問い合わせも多く、グループ内ではこのあたりのことを発信していたのですが、こういったブログでも私の活動を記録として残していければと思い、本日あらためて記させていただきます。

以下、グループ内で投稿した文章となります。

 

2022.2.8

「みなさんこばんは。

羽生くんの活躍が気になる今日この頃。
みなさんはどうお過ごしでしょうか。
今日はこのグループのロゴについて念のためお話しておこうかと思います。
なぜこんな投稿をしたかと言うと、奥さんからあのロゴなんなの?と聞かれたことがきっかけです。
このロゴにしたのは、なぜこのグループを作ろうと思ったかの起源にさかのぼります。
サッカーに携わる人の中にはプロサッカー選手をはじめとして様々な方がいらっしゃいますが、私がサッカー界の何に貢献できるのかと考えた時に、何かお伝えできることがあるとしたらどんな人だろう、と考えた時にこの人たちだと思った人たちがいました。
それは「ボランティアコーチ」です。
日本のサッカーを支えているのは紛れもなく「想い」だけでグラウンドに立つボランティアコーチだと思ったからです。
ボランティアコーチの中には、学生コーチやOBコーチも多くいると思いますが1番多いのは世に言う「お父さんコーチ」だと思います。
さらに私のサッカーとの出会いに遡ります。
私がサッカーに触れたのもボランティアコーチが運営する「二葉サッカー同好会」という小学校のチームでした。
今の私が振り返れば、当時のボランティアコーチが計画する練習はツッコミどころ満載です笑
しかし、事実として私はそこで
サッカーが好きになり、
サッカーで仲間ができて、
サッカーで学び、
サッカーの仕事をするにまで至りました。
そんな私に機会を与えてくれたのは、想いに溢れたボランティアコーチたちです。
普段仕事をして休みの日に、もしくは仕事終わりに自分の時間を費やして子どもにサッカーをする場を与えてくれるその方々に少しでも貢献したい。
そういう想いからこのグループを作り、このロゴに至ったわけです。
ロゴの下にはごちゃごちゃと英文をカッコつけてつけていますが、
「For volunteer coaches and weekend coaches who invite to update your soccer coaching from Tokyo」
と記載しており、簡単にいうと、ボランティアコーチの為に的な意味になるよう書いています。
通勤途中でも少しだけためになる話をお届けしたい、そういう想いからこの通勤途中のスマホ見ているロゴとなっているわけです。
だからみなさんのお知り合いにお父さんコーチ、ボランティアコーチの方がいらっしゃったらぜひ招待をお願いいたします。
今後はある方から頂いたお題について丁寧に活動を進めていきたいと思います。
そして、ちょっとお話を聞きたいのですがと、お願いする方もこれを見ていただいている中にもいらっしゃいますので、ぜひご協力いただければと思います。
なんでもやるといっておきながら活動ができていませんが、暖かく見守っていただければと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。」